平塚・小田原・湯河原・湘南・横浜・東京のドックトレーニングスクールは、ハッピーテイル!

ドッグトレーニングスクール ハッピーテイル ドッグトレーニング

カーミングシグナル

カーミング・シグナルとは犬語、犬の出すサインの事です。
今現在確認出来ているシグナルは30足らずだとか。
でも、実際にはもっともっとあるのでしょう。
言葉を話さない犬だからこそ、少しでも人間の方で気が付いて犬のことをわかってあげられたらいいですね。
ここで、良く犬が出すカーミング・シグナルをいくつか紹介したいと思います。

あくびをする

犬があくびをするのは、必ずしもたいくつや相手をバカにした時ではありません。
自分が不安になった時、何かを怖がっていたりストレスを感じている時にもこのあくびが出てきます。
また、飼い主に対して落ちついて欲しい時にもこのシグナルが出てきます。
例えばしつけの途中で、何度やってもうまく出来ない犬に対して飼い主がだんだんいらいらしてきます。
口調もきつくなってくるそのとき、大きなあくびが出ると・・・それは犬が飼い主に対して、落ちついて、怒らないで、というサインです。
こういう時は、飼い主もひとつ大きなあくびをすると気持ちが落ち着いて、犬も安心するはず。

遊びに誘う

前足と上半身を低くして、お辞儀のような姿勢をとり、尻尾は上に向かってブンブン振っている。
目も笑っている時、ついでに足や体を左右に振ってじゃれている時。
これは相手を遊びに誘っている時。
同じ動作をしても、じっと動かずにいる時はまた別のサイン。
相手の犬に対して不安を感じたり、相手が神経質な犬だと思った時、この姿勢のままじっと動かず、相手が自分を受け入れた時始めて動き出します。
これは相手に対して自分は何もしないよ、大丈夫だよと言っているのですね。

尾を振る

間違いやすいことですが、犬が尻尾を振るのは必ずしも喜んでいるときではありません。
尻尾だけでなく、全身の様子を見る事が大事。
飼い主が怒っている時尻尾を振るのは、早く飼い主に落ち着いてほしいから。
尻尾を振っていても、耳がピン!と立って前方に向いていたら要注意。
決して友好的ではありません。
毛が逆立っていればなおさらです。
逆に耳を後ろに倒し、ゆっくり近づいてくるようなら、お願い、ワタシを受け入れて、ってところでしょうか。

弧を描く

たいていの犬は、通常真正面から相手に近づいて行くような事はしませんが、例えば怒っている相手に遭遇した時、怒っている飼い主の元へ帰らなければいけない時、わざと弧を描く様にゆっくりと戻って行きます。
その時飼い主が苛立っていると、余計に怒る事になる訳ですが、犬にしてみれば少しでも落ちついた状況を作って飼い主の元に戻ろうとしているのです。

顔をそむける

初めての犬同士のあいさつの時や、他の犬が近づいて来た時、相手の犬を落 ち着かせる為に使います。
この時、相手の犬があまりに直接的過ぎたり、近づいて来る速度が速過ぎるのがこのシグナルを出す原因
になります。
人間との間にこのシグナルを出す時は、たいてい上から覆い被さる様に覗きこむ時や顔を近づけ過ぎる時で す。
じっとしていても、恐れを表すような動作(唸る、歯を見せる)になった時は人間側がそっと顔をそむけたり、
視線をはずす等の動作をすれば危険は避けられるはずです。

体をそむける

遊んでいる相手に対して、急に体を横に向けたり背を向けたりします。
他の犬に唸られたり、急に接近されたりするとこの動作をします。
或いは、子犬と遊んでいる時に急に背を向ける事があります。
これらは、ハイテンションになった相手に対して、早く落ち着くように促しているシグナルです。
子犬に対しては一種の指導に当たります。
人に対してこのサインを出す例としては、強い口調で怒られながらリードを強く引かれている時など。
飼い主(人側)がこのサインを応用するなら、例えば過度に飛び付いて困る犬に対して素早く背中を向ける。
これを何度も繰り返すと、犬の方があきらめて自然に飛び付きは少なくなると思います。
また、子供が苦手な犬に対しては、わざと犬に背中を見せさせるようにすると、逆に犬の方から関心を持って近づいて来る事が少なくありません。